犬🐕と猫🐈の歯科事情🦷

 

みなさん、こんにちは🌞デュオこうべデンタルケアクリニックPINOです🎀

 

人間と同じく長寿化が進んでいるペットの犬🐕や猫🐈。彼らの健康長寿にも、歯とお口の健康は欠かせません☝️そんなワンちゃんネコちゃんの歯科事情について、ペットの歯科治療や予防についてお話をします📝

 

まず、はじめに『🐕ワンニャンクイズ🐈』

Q1.犬と猫、歯の本数が多いのは❓

①犬🐶 ②猫🐱

Q2.犬と猫、歯周病の割合はどれくらい❓

①ほぼゼロ ②2割ほど ③5割ほど ④8割以上

Q3.犬と猫、むし歯の割合はどれくらい❓

①ほぼゼロ ②2割ほど ③5割ほど ④8割以上

Q4.犬と猫のお口の健康のために大切なことは❓

①毎日の歯みがき ②食生活 ③定期的な歯のクリーニング

 

 

ここからは答え合わせとともにワンちゃんとネコちゃんの歯についてお話していきます👩‍⚕️

🦴犬の歯と歯並び🦴

乳 歯👶上14本+下14本=計28本

永久歯👴上20本+下20本=計42本

(後臼歯上8本下8本、前臼歯上4本下6本、切歯上6本下6本、犬歯上2本下2本)

生後2ヶ月ほどで乳歯が生えそろい、4〜7ヶ月ごろに永久歯が生え変わる♻️

 

🐟猫の歯と歯並び🐟

乳 歯👶上14本+下12本=計26本

永久歯👵上16本+下14本=計30本

(後臼歯上6本下4本、前臼歯上2本下2本、切歯上6本下6本、犬歯上2本下2本)

生後2ヶ月ほどで乳歯が生えそろい、3〜6ヶ月ごろに永久歯に生え変わる♻️

 

🦷各歯の役割🦷

後臼歯と前臼歯…🐶🐱互い違いの噛み合わせで肉を噛み切る。

切歯(門歯)…🐶ヒトの前歯にあたる。🐱毛づくろいにも使う。

犬歯…🐶長く尖った犬のトレードマーク。🐱獲物を仕留める鋭い歯、猫だけど犬歯。

 

 

ワンちゃん、ネコちゃんのお口のトラブルで最も多いのはヒトと同じで歯周病なのです⚠️「うちの子がご飯を食べなくなっちゃったんです。」と飼い主さんと来院されて、お口の中を拝見したら、歯周病になっているケースがよくあるらしいのです🥵「食べなくなった」のではなく、歯茎が痛くて「食べれなくなった」というわけですね💦

動物は自分で歯を磨けませんし、自分から「歯が痛い」と言ってくれませんから、来院したときにはなかなか進行していることが多いです😢3歳以上の犬猫では85%以上が歯周病だと言われています、、、

歯周病は放置して悪化すると歯が抜けるだけでなく、上あごの骨が溶けてしまったり、頬の皮膚に穴が開いてしまうこともあります。しかも全身的にいろいろな病気を引き起こし、ときには命取りにすらなります。実際に犬猫においても歯周病と腎臓疾患、肝臓疾患、心疾患との関係が研究で示唆されているそうです🙀

 

ちなみに、むし歯は犬猫ともにほぼゼロです⭐️動物はむし歯の要因となる砂糖は摂らないからです❗️

 

💙歯周病の予防もヒトと同じ💙

まずご自宅で飼い主さんに行なっていただく『歯磨き』は重要です💫犬猫用の歯ブラシがあります👌ブラシの毛が非常に柔らかいので、ワンちゃんとネコちゃんも痛がりません🤗

赤ちゃんの頃から歯磨きをしてあげて慣れさせることが大切です🎵慣れていると大きくなっても嫌がらずにさせてくれるようになるそうです☺️

そして忘れてはならないのが、ヒトと同じでワンちゃん、ネコちゃんも動物病院で定期的に受診することです🏥お口の中に異常がないか診てもらったり、歯のクリーニングをしてもらいましょう!1年に1回でも歯のクリーニングを行なっていただくと、歯周病になる確率はぐっと下がります💪

先ほど、むし歯はほぼゼロとお伝えしましたが、人間が食べている食べ物を与えるとむし歯になってしまいますので、欲しそうな顔をされても飼い主さんが我慢して与えないことが大切です✨

 

ワンちゃん、ネコちゃんのお口のトラブルもはほかにもありますので、また書かせていただきますね🎶今回のブログ📗で少しはペットを飼ってらっしゃる方のお役に立てましたでしょうか❓読んでいただきましてありがとうございます🙏💜

 

Homepage🏠 

http://kobe-pino.com

Instagram 📷

 https://www.instagram.com/kobe_pino_whitening/

Facebook 🖥 

https://www.facebook.com/kobepinosmile/

📱 LINE@QRコード 📱

 

About the author: PINO

Leave a Reply

Your email address will not be published.