コーラを飲むより安全なホワイトニング💡😊〜セルフホワイトニングとの違い〜

こんにちは!

デュオこうべデンタルケアクリニックPINO歯科医師 松村です。

ホワイトニングには大きく分けて、ご自身で行えるセルフホワイトニング歯科医師、歯科衛生士指導のもとで行うホワイトニングがあります。

みなさんはこの2つの違いをご存知でしょうか?

 

セルフホワイトニングとは、ホワイトニングカフェやホワイトニングサロンといった歯科医院以外の場所で行えるホワイトニングです。

セルフホワイトニングでは、歯についた着色をとることが可能です。簡単にイメージいただくと、コップの中についた茶渋やコーヒーの汚れは着色なので、洗うと取ることが可能ですよね。まさにセルフホワイトニングでは、このように歯の表面についた着色を取ってくれます。

これと比較して歯科医院で行うホワイトニングでは、歯そのものの色を白くしていくことが可能です。先ほどの例えでいくと、コップの茶渋ではなくコップ自体を漂白してしまうイメージです。(※あくまでもイメージです

それほど強い薬剤を使用するとことは、歯へのダメージを心配される方もいらっしゃるかと思います。

そこで、歯科医院で行うホワイトニングを皆さまに安心して受けていただけるよう、メリットをご紹介していこうと思います。

①ホワイトニングによる殺菌効果

歯を白くするのに用いるのは過酸化水素と言う薬剤です。確かに、この薬剤は劇薬と言われ素人が扱うと危険なお薬です。このため、PINOでは適切な研修を積んだ衛生士が施術を行なっております。

この過酸化水素、薄めたものはオキシドールとして一般的に用いられています。つまり、この過酸化水素には消毒・殺菌効果があります。このため、ホワイトニングを行うと歯の表面の浮遊した細菌を殺菌する効果があります💡(ただし、歯石となったバイオフィルムの中には殺菌効果は届きません)

②ホワイトニングにより歯の質が強くなり、むし歯への抵抗力がUP⤴︎

ホワイトニングを行うと一時的に歯の表面を覆っている膜も剥がれ、歯がまっさらな状態になります。このため、昔は歯を傷つける、などと解釈されていました。しかし、この歯の表面の変化はコーラを飲むよりも安全🥤なほど微量な変化です。ホワイトニングにより、歯がダメージを受けることはありませんのでご安心くださいね。

さらにこの歯がまっさらな状態になっている間に、PINOでは歯に一番取り込まれてほしい栄養素を歯にパックしていきます。これにより、歯の質が通常の状態よりも強くなり、むし歯を予防する効果があります。

少し難しいお話になりますが、これは、ホワイトニングによる歯の耐酸性の向上が起こるため、と言われています。酸に耐える能力、つまりホワイトニングにより、むし歯菌の出す酸にも溶けない強い歯になる!!と言うことが明らかになったのです。

③ホワイトニング により歯周病を予防⤴︎

実はホワイトニングに用いられている薬剤は、元々は歯周病の治療のために開発されていたものだったのです。その治療薬を用いると、歯が結果として白くなったことがきっかけで歯のホワイトニングの研究は始まりました。特にホームホワイトニングでは低濃度の薬剤を歯に密着させるため、歯の周りの炎症が改善したという報告もあります。

④歯の検診も一緒に行える!!

歯医者でのホワイトニングは、お口の専門家が口の中の状態を確認して行います。このため、むし歯や歯ぐきの炎症を見つけることもできるため、早期発見、予防につながります。

セルフホワイトニングにより歯の表面の見た目が綺麗でも、歯ぐきに炎症がある、歯と歯の間が歯石で詰まっている、歯の裏側は歯石だらけ、、、

そんな状態では決して歯が綺麗とは言えません。

ぜひ、歯科医院で、PINOで様々な病気の予防に習慣としてホワイトニングを始めてみませんか?

気になることがございましたらなんでもご相談くださいね。

 

Homepage🏠 

http://kobe-pino.com

Instagram 📷

 https://www.instagram.com/kobe_pino_whitening/

Facebook 🖥 

https://www.facebook.com/kobepinosmile/

📱 LINE@QRコード 📱

 

About the author: PINO

Leave a Reply

Your email address will not be published.