保険のクリーニングとパウダークリーニングの違い😬

 

こんにちは✨デュオこうべデンタルケアクリニックPINO 歯科医師松村です。

 

当院では、スイスEMS社のエアフローを歯のクリーニングに使用しています。エアフローとは、空気と水と細かなパウダーを歯に吹き付けて歯の表面をクリーニングしていく機械のことで、当院ではパウダークリーニングに用いているものです。

今回は皆さまによくご質問をいただく、パウダークリーニングについて、通常の保険診療で行なっているクリーニングとの違いをふまえながらご紹介いたします。

 

パウダークリーニングの特徴

①使用する器具が違う!

通常のクリーニングでは、金属のチップを使って歯石を取り、研磨剤を使って歯をブラシでこすります。このためブラシが届きにくい部分は綺麗になりません。

一方、エアフローを使うパウダークリーニングではパウダーを吹き付けるだけ。通常の器具が届きにくい隙間にも、水と空気の力で作用します。

 

②器具が歯に触れない!

金属のチップを使ったクリーニングでは歯を傷つけたり、回転器具を使った研磨では、歯の表面をこすりすぎていることが明らかになりました。

一方で、パウダークリーニングで使用するパウダーはわずか0.15mm。器具が歯に触れないため、他の方法と比較して、最も歯の表面に傷をつけないことが実験でも明らかになっています。

 

③天然歯だけでなく、金属、セラミック、インプラントにも対応可能!

金属のチップは、金属やセラミックはもちろん、インプラント表面にも傷をつけるため、これらの表面に器具を当てることは出来ません。エアフローは歯を傷つけないため、すべての被せ物や天然歯の表面を綺麗にすることができます

 

④着色の除去も簡単!

保険診療は、主に「歯石を取ること」を目的に歯周病治療が計画されています。このため、歯石除去と、着色除去は分けて処置することになります。

パウダークリーニングでは、歯周病、むし歯の原因となるバイオフィルム・着色を一緒に取ることが可能です。また、パウダーで除去が困難な歯石にも、選択的に超音波器具を用いることで短時間でここまで綺麗にすることが可能です。

※当院でのパウダークリーニングを1回行なった状態。

 

⑤快適!!!!!!!!

痛い、怖い、時間がかかる!と歯の掃除が嫌いな方も、きっと快適なパウダークリーニングに感動いただけます。保険診療では、同時にできる処置に限りがあるため、ブロックに分けてクリーニングを行う必要があります。このため、歯医者は回数がかかって嫌だ!という方にも、1回でこんなに綺麗になるなんて思わなかったと喜んでいただいています。

回数をかけるよりも、最も効率のいい、歯に優しいメインテナンスとしてパウダークリーニングをむし歯や歯周病予防にはじめませんか?

歯の汚れのつき方には個人差もありますが、通常は3~6ヶ月に1回のパウダークリーニングをおススメしています。気になる方はぜひ一度当院のパウダークリーニングをご体感くださいね!!

 

当院はカウンセリングは無料で行っております🌟お気軽にお問い合わせください。

 

Homepage🏠 

http://kobe-pino.com

Instagram 📷

 https://www.instagram.com/kobe_pino_whitening/

Facebook 🖥 

https://www.facebook.com/kobepinosmile/

📱 LINE@QRコード 📱

About the author: PINO

Leave a Reply

Your email address will not be published.